お肌 GEEK

CO2フラクショナルレーザーで古い肌から新しい肌へ

CO2フラクショナルレーザーで古い肌から新しい肌へ

炭酸ガスレーザーを使って肌の活性化 CO2フラクショナルレーザーは、炭酸ガスレーザーを使って肌の活性化を目指す治療法です。

毛穴が開いてしまったり、肌がたるんだりするのは、皮膚が傷んでいる証拠です。

新しい皮膚への入れ替え
皮膚の深層部にあるコラーゲンを活性化させ、新しい皮膚への入れ替えを行なう必要があるのです。CO2フラクショナルレーザーを用いた施術では、傷んだ肌に対して点状に無数のレーザーを照射します。

肌のターンオーバーを促進する
微細な光の照射を使い、肌へのダメージを極力抑えながら、肌のターンオーバーを促進するのです。


施術後のダウンタイムは、平均して1週間程度ダウンタイムが短い点もCO2フラクショナルレーザーの特徴です。クリニックによっても変わりますが、施術後のダウンタイムは、平均して1週間程度と短いものとなっています。従来のレーザー施術とは違い、低出力のレーザーを用いるため、肌へのダメージが最小限に抑えられるのです。

平均して30分程度 ダウンタイム同様に、施術に要する時間も短いものとなっています。顔全体を施術する際には、平均して30分程度の時間があれば可能となっています。施術の効果を早いタイミングで得ることが出来るのもCO2フラクショナルレーザーが持つ魅力です。5回程度という少ない施術回数で、肌の活性化が実感できます。

麻酔クリームを使った施術であるため、敏感肌の方であっても、安心して施術を受けることが可能です。

セルフケアでは改善が難しい肌の凸凹やたるみは、セルフケアでは改善が難しい部分があります。

古い皮膚を新しい皮膚へと入れ替えるCO2フラクショナルレーザーのような、根本から解決する方法を用いる必要があるのです。施術後には、パックなどの方法を用いて、肌の活性化のために有効となる成分を浸透させていきます。

メイクでは誤魔化すことができない、クレーター状のニキビ跡も、CO2フラクショナルレーザーを用いれば改善可能です。