お肌 GEEK

肌の粘膜強化の働きがある栄養素と摂取できる食べ物

潤いのある美肌を目指す 潤いのある美肌を目指すには、粘膜を強化する作用がある食べ物を摂取することが大切です。注目すべきはビタミンAやビタミンB群の栄養素です。ビタミンAとビタミンB群はそれぞれ、皮膚の粘膜を健康に維持する働きがあるとされています。

具体的な食べ物としては、ビタミンAは人参やかぼちゃ、ほうれん草といった緑黄色野菜に多く含まれます。野菜が苦手であれば、緑黄色野菜がたくさん配合された野菜ドリンクで摂取しても良いでしょう。そのほかにも卵の黄身やレバーもおすすめの食べ物です。

ビタミンB群を含む食べ物に関しては、うなぎやまぐろなどの魚や牛乳などの乳製品、納豆が挙げられます。レバーもビタミンB群が多いです。ヨーグルトもビタミンB群が摂取できる食べ物で、肌細胞の新陳代謝を促進させて肌再生を活発化してくれます。脂肪分が少ないタイプの低脂肪ヨーグルトであれば、カロリーも気にせず安心して食べることができます。


カロリーも気にせず安心そのほかにも、肌を構成する源となるたんぱく質もしっかり摂取したいものです。たんぱく質は肌細胞を形成するために不可欠な栄養素であり、たんぱく質が不足すると肌が不調になりやすいと言えます。

粘膜を丈夫にする最も基本となる栄養成分と言えるでしょう。たんぱく質は肉全般と卵、大豆製品や乳製品に含まれています。

肌の粘膜強化の働きがある栄養素と摂取できる食べ物

納豆や豆腐をはじめ、豆乳を飲む習慣を付けるのも肌のために良い習慣です。さらにサバやアジ、イワシなどの青魚にも多いです。卵はたんぱく質もビタミンA、ビタミンB群すべてを摂取できる優れものです。
肌を整えるためには不可欠な栄養素だと言えそうです。こうした食べ物をバランス良く取り入れることが、肌の粘膜を丈夫にするためには大切と言えます。